切手の買取を申し込む方法

インターネットを利用して査定を依頼しよう

かつて日本でも流行した切手コレクションですが、近年では流行時の勢いは無いものの切手マニアを中心に蒐集されています。家族から譲って貰った切手コレクションを放置したままの人もいるでしょうが、いらないと処分するより、買取査定に出せば思わぬ価値が付くかもしれません。
切手の買取では専門的な知識が必要になるため、切手を専門で取り扱う業者を選ぶと正しく査定して貰えるでしょう。その多くがインターネットを介して郵送や訪問での買取に対応しているので便利に利用出来るのが特徴です。ネットからの一般的な申し込み方法は、まず業者のホームページへアクセスし、申し込みフォームで必要事項を送信したり、問い合わせを行って下さい。相談や質問があればこの段階で業者側へ伝えましょう。郵送査定なら切手を業者へ送り、訪問査定なら日時を決定して玄関先まで査定人が来てくれます。査定内容に納得すれば売買契約の締結です。

切手買取を依頼する前にチェックしたいこと

切手を買取に出したいのなら、ネットで展開する業者へ依頼するのが便利だと前述しましたが、査定に出す前にチェックして置きたいポイントがあります。
まず切手の査定に置いて、保存状態は買取価格に大きく影響します。例えば人気の種類であっても経年劣化により切手そのものが激しい変色を起こしていたり、折れ曲がっていたりするものは価値が付き難いです。しかしその様な切手でも買取に応じて貰える場合もあります。事前に把握して置きたいのは、査定に出す切手の額面です。切手は始めから額面が決められているものですから、買取価格が額面より大幅に少なければ不自然ですよね。勿論買取業者との交渉では買取をキャンセル出来ます。より正しい価値で買取して貰える業者を選ぶためにも、査定へ出す前に額面の確認はして置きましょう。