高額買取を期待できる切手とは?

高価な買取を期待出来る切手はいくつかあります

切手を売る時には二束三文でしか売れない物と、かなり高価な買い取りをしてくれる場合があります。高価な買取をしてくれる例はどのような物になるでしょうか。
1つは、綺麗であることです。切手は通常紙で出来ていますので、汚れやすいです。折れ曲がったりしている切手だと、いかに価値がある切手だとしてもそれほど高くは売れません。人気がありそうな切手を発見した場合には、額に飾っておくぐらいしておきましょう。額が無ければ切手シートなどでもいいでしょう。
次に、昔の切手です。当たり前ですが昔の物は価値があります。そもそも昔の切手は今あまり持っている人がいないことが多く、当時それなりに価値がある物なら確実に価値は上がっています。

収集家が少なくなっている今がチャンス

切手集めをしている人がいるから、100円の切手でも1万円ぐらいで売れることがあります。最近は切手収集をする人が少なくなって来ていますが、まだ高価買い取りは期待出来ます。
切手収集が流行ったのは戦後10年以上が過ぎた昭和30年ぐらいからです。国も豊かになり出して、コレクションを趣味にする人が増えたのです。ということは、収集家が増えた昭和30年以降の切手は、収集家がすでに手に入れていますので、プレミアが付くようなことはまずありません。ですが、昭和30年より前には収集家がおらず、数も少ないため切手があまり残っていないのです。そうなると、その当時やそれ以上前に作られた切手は価値があると言うことになります。
このように、昭和30年より前の切手は高価買い取りが期待出来ます。